back to TOP

admin |  RSS
 【No.98】Robert Capia  2017/04/15 (Sat)
img008🌟

2012年10月にパリでひとりの人物が他界する。

名前はロベール・キャピア。1934年マルセイユ生まれ。
パリ右岸にあったアンティーク人形店の店主だ。


当初は役者を目指していたが断念し、1966年からパリ右岸のパサージュ、
ギャルリー・ヴェロ・ドダへ店をかまえた。

アンティーク人形に特化した彼の店は人気をえて、
俳優や政治家の友人たちで賑わっていたという。

そんな中で特に仲の良かったひとりの女性が頻繁にこの店を訪れている。
女優のカトリーヌ・ドヌーヴだ。
彼女はこの店のファンで、時間のあるときは店員の真似事をして
客を驚かせていた。


そんな逸話のあるこの店も2004年には終わりを告げることになる。
それから8年後、彼は還らぬひととなった。


ロベール・キャピアが人形とともに追いかけた夢。

今はなきこの店にはパリのエスプリが詰めこまれていた。


私たちの未だ見ぬ世界で、今頃彼は人形と戯れているかもしれない。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ