back to TOP

admin |  RSS
 【No.92】Trabant  2017/03/05 (Sun)
326🌟

小さな車が、その場所に静かに停車していた。
1993年、ハンガリーの田舎町で撮影したトラバントの姿だ。

当時のハンガリーでは普通にこの車を見かけることができた。
というか、少し古さを残していたがまだ現役だった。

この車の後ろに馬車が並んで停まり、馬が車を食べていた。
現地に住む知人からそんな笑い話を聞いた。

製造末期に品質が下がり、プラスチックに紙パルプを混ぜて使われていたことから「ボール紙製の車」と言われたからだ。


この車の素朴で実直な姿を見ていると、学生時代に東北の田舎町で一緒に遊んだ
友人を思い出す。不器用で何かに秀でているわけでもない。
ただ側にいて、その日あった話をするだけで妙に安心した。
あまり口に出さなくても心の中で繋がっている、そんな存在だった。


東欧の何処かで、まだ元気な姿で走り回っているだろうか。
トラバントにまた会いたい。



※1958年から1991年まで生産された旧東ドイツ製の車。
「衛星」を意味するその名前は1957年に打ち上げたソ連の人工衛星
「スプートニク」から命名されている。






COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ