back to TOP

admin |  RSS
 【No.62】建築作品  2015/09/27 (Sun)
▲img131

これまで建築を「作品」と呼ぶ建築家に抵抗があった。
建築というのは依頼主からの要請を受けて成立する仕事であって、建築家の作品としては独自性が乏しいのではないかという疑念が自分にはあったからだ。

先日、目黒美術館で「村野藤吾の建築 -模型が語る豊饒な世界」を見てからは少し考え方が変わった。

ひとりの建築家が携わった数多くの建築。
そしてそれらを具現化した精巧な模型。
確かにそこには数多くの依頼主が存在し、半世紀以上という年月の痕跡が垣間見れる。

展示を見てそこに発見できるのは依頼主の意向や名称を超えて村野藤吾そのひと、そして作品が存在している気がした。

建物は「使われる」ことを前提としてこの世に生み出される。

当然として使う人の要望が随所に盛り込まれ、形にも影響を与える。ただそれらを具現化し、ひとつの「形」に積み上げるのは建築家自身だ。

美術館で手にした村野藤吾氏との対談をまとめた一冊の本に、村野氏自身の考え方を伺うことができる。


「数えられる数の間に、無数の数があるということに気がつく。0.1からたくさんある。もっともっと細かく微分することもできるでしょうね。それを探求していくこと、これが私はヒューマニズムだと思う。」
-村野藤吾「建築をつくる者のこころ」より-


村野氏は「ヒューマニズムとは、それを探求すること」と説明している。

村野藤吾氏が追い求めていたもの。
探求し残してきた蓄積。
それは「作品」という枠組みを超越して建物そのものが生み出す「空気感」を求めていた気がする。



COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ