back to TOP

admin |  RSS
 【No.56】Holidays  2015/04/05 (Sun)
▲⭐️PB283737

1972年、あさま山荘事件がテレビで流れ続けた年。
政局では田中内閣が発足し、今思えばそれは何か日本の大きな波の年だったのかもしれない。

ラジオからはミッシェル・ポルナレフの「愛の休日」が繰り返し流れていた。
カーリーヘアに白いサングラス、フランス人歌手。
昭和の揺れる空に、飛行機雲のように美しい高音の声が駆け抜ける。

そのころまだ自分は幼かったが、政治や文化の色めき立つ強い風に怖さを感じたのと同時に、人をひきつける何かも感じていた。


「愛の休日」の歌詞はこんなメッセージで終わる。


ホリデイ、おおホリデイ
これは空に住んでいる飛行機さ
だが忘れないで、とてもきれいな君
飛行機は壊れるものなんだ
そして地面は下にある
ホリデイ         ※「愛の休日」より


2015年にあらためてこの曲を聴くと、ベトナム戦争などがあった当時の背景とは時間軸こそ違うが、便利さに慣れすぎた今を遠くから見つめられている気がした。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ