back to TOP

admin |  RSS
▲R0015323w

「ミスターロンリー」がラジオから流れ、城達也氏の声が聴こえる午前零時。

ひとり暮らしの学生時代、社会人になり遅く帰った夜、ふと深夜FMから流れる「ジェットストリーム」に何度癒されたことだろう。

特にエンディングの 
「夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは
遠ざかるにつれ次第に星のまたたきと区別がつかなくなります」
というナレーションは、幾度聴いても心に響いた。

1994年12月、最後の番組。
27年間続いた放送を終えた翌年に城氏は他界した。

すでに20年という年月が過ぎ去ったが、いまもラジオから遠い日の記憶が蘇る。
自身が星のまたたきとなった午前零時の紳士に、リスナーとして感謝したい。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ