back to TOP

admin |  RSS
▲⭐️img685ab

静まりかえったパリの街に、
深夜ひとりの男が広告塔の側に佇んでいる。

映画のワンシーンのような一コマは、
その冷えた空気までもが私の記憶に
はりついている。
写真家ブラッサイの作品が絵になるのは、
舞台が夜も静かに息づいている
パリだったからかもしれない。

誰もがオレンジ色の街灯にそって
人通りのない路を歩くと、
いつしか脇役としてドラマに登場している
気分になる。

まだ朝日が登る前、私は重い機材を抱え
撮影場所をもとめて暗闇のパリ パンテオン近くを歩いていた。
建物の陰から黒猫が顔を出す。
石畳に響く靴音が静けさを誇張する。
猫が消えた先に目を移すと、
そこは袋小路になっていた。

impasse des Boeufsという
不思議な名前の路地である。
牛舎小路と訳せる名前から昔この場所に
牛舎があったのだろうか。

アーチ型の入口を入ると、
もうすぐ夜が明ける時間だというのに
部屋の灯りがあった。
若かった頃、朝方まで眠れずに過ごした
ことを思い浮かべる。

私はその場に静かに三脚を立て、
重い機材を置いた。
冷えた空気にレンズを向ける。
そして姿の見えない部屋の灯りの住人と
無言の会話をするかのように
数秒間シャッターを開けた。

そこに何か特別なものがあるという
訳ではなかったが、小路の放つ空気感に
吸いこまれていた。

そのあとどれくらいの時間が過ぎていたのかは
記憶にないが、路地を去り数分歩いた頃だろうか、
かすかに空が明け始めた。



COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ