back to TOP

admin |  RSS
 【No.33】雲の峰  2014/07/26 (Sat)
▲⭐️kR0016048

夏の雲、それは純粋で力強く美しい。
山の峰のように沸き立つ積乱雲などを「雲の峰」というのだそうだ。

梅雨の季節が過ぎ去ると、空には入道雲が顔を見せる。
丸みを帯びた堂々とした白色に、コントラストをつけた空の青色。
この雲に出会うと不思議と小学生の夏休みを思い浮かべる。

夏休みの絵日記には必ずと言っていいほど、この雲を描いた。
綿飴のようなこの雲を描くだけで夏が表現できた気がした。
いつの頃からか次第にそんな雲の形も子供っぽい気がして、あまり興味をひかなくなった。春や秋の偶然が作り出す柔らかな雲の形が美しいと思うようになった。

やがて年を重ねるとそんな好き嫌いの気持ちも薄れ、ただそこにある雲の形に見惚れている。修行に似てすべてを受け入れることで雲を理解し存在に近づけるのかもしれない。

雲の峰はまだ遠い。



COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ