back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_7622.jpg


いまから100年前
それはさほど遠い日の話ではない

私たちの祖父母が生きて活躍していた頃

モンパルナスに続くこの道を
芸術に明日の希望を夢見た画家、彫刻家、小説家、詩人、作曲家など
数多くの人びとが往来していた
まさに芸術の太陽がパリだけを照らしていた頃である


しかし時代は残酷にも
戦争という大きな流れにのみこまれ
多くの芸術家がこの場所を去っていった

在りし日の面影だけを残して
時は流れ街も移り変わる
よき時代にこの地で生まれた多くの作品だけが
今も私たちに語りかけてくれる

モンパルナスで生きたひとりの画家が
こんな言葉を残している
「必ず絵には永久に生きてる魂があると思います」
-レオナール・フジタ-


2020年
戦争とは別の戦いで多くの隣人を失っている私たち
「アーティストは(社会にとって)不可欠であるだけでなく、
とりわけ今は、生きるために欠かせない存在だ」
ドイツ・グリュッタース大臣のメッセージが心に響く

「生き続けること」を考えさせられる日々が続いている




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ