back to TOP

admin |  RSS
 【No.219】粋  2019/07/08 (Mon)
th_IMG_7593.jpg


昭和のはじめ
まだ「粋」という言葉が
ひと伝いに言われていたころ

粋を貫いたひとりの女性がいた

市丸・江戸小歌市丸

芸者から歌手として多くのひとに愛され
1997年 90歳でこの世を去るも
最期まで芸と共に生きた

花街で賑わった柳橋
その一角に建てられた静かな家が
彼女の終の住処だった

二階に上がるとそこからは
隅田川がよく見える

悲しみに暮れたとき
誰かが恋しいとき
彼女はここからじっと
川を見つめていたに違いない


「もうすぐしたら花火でも見にいらっしゃい」

眼を閉じると
市丸姐さんの声が聴こえる気がした


彼女の愛した家は
佇まいも粋だった




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ