back to TOP

admin |  RSS
 【No.214】記憶の糸  2019/06/02 (Sun)
th_IMG_7348.jpg


自分の記憶をどこまで辿れるだろうか
それはひとによって様々だろうが
そのとき感じた感触や瞳に映った光景は
数十年が経った今も記憶の引き出しに仕舞われている


高校時代の親友から何年かぶりに連絡をもらった

数ヵ月前に父親が亡くなったこと
自分の新しい仕事のこと
もうすぐ引越しをすること

それらは近況報告として
いろんな苦労を感じさせることばかりだった

ひととおり話終えたあと
友人から意外な誘いがあった

それはまだ何年か先のことだけど
と前置きをして
定年をむかえたら一緒にフランス料理を食べに行きたい
自分がご馳走したいというものだった

その店の名前は確かに聞き覚えのある店だった
どうしてそんなことを思い立ったのか
皆目見当もつかなかったが
友人はかなり前から考えていたらしい


「はじめて自分の就職が決まったとき、
お前にご馳走してもらったのを覚えてるか。
同じ店で今度は俺がお前の何年か後の
定年祝いにご馳走をしたいんだ。」


記憶の糸が解かれていく

数十年も前の光景が脳裏をよぎる
まだ社会人として駆け出しの頃だった

かなり背伸びをして
当時腕を振るっていたシェフのフランス料理店へ
ふたりで出かけた


そのときどんな話をしたのか
料理がどうだったのか
今となっては記憶もあいまいだが
ふたりとも満足して
互いの将来について話し込んだ気がする


そんな忘れかけていた記憶に
お礼がしたいと言ってくれた友

そのことがただ嬉しかった
気恥かしさの底に熱い何かを感じた


あの頃も同じ紫陽花の季節だった





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ