back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_7387.jpg

モンパルナスにある彫刻家が残したアトリエ
それは39年の間 作家夫妻の住まいでもあった
いまは美術館として公開されている

オシップ・ザッキン

1967年 77歳でその幕を閉じた
ロシア出身の彫刻家だ


彼がパリで結婚したのは30歳のとき
近くに住むアルジェリア出身の女性画家との
出会いだった

その際 ふたりの証人になったのは
共にエコール・ド・パリの道を歩み
親交の深かった画家 藤田嗣治である


春 彼の庭には
友を懐しむかのように
桜が咲く

作品が手を掲げる先
仄かな色づきが哀愁を誘って





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ