back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_5219.jpg


それはいつだったろうか

長いソバージュの髪形をして
紺色の服がよく似合っていた

興味のある記事を
本屋で長い時間読んでいた

気に入りの髪どめをして
ときには映画にも行った

側にいるだけで心が和んだ


きみがいない時間は途方もないが
いまは自然を受け入れようと思う
吹く風を待とうと思う

風を吹かせることは出来ないけれど
どんなときに風が吹くかは学んだ気がする


ときおり想いかえす
きみにであったころ




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

コメントありがとうございます

carmencさま

振り返るとそこには後悔することが
いくつもあります
ましてや恋愛はそうかも知れません

心地よい風が吹くといいですね







ときおり想いかえす
きみにであったころ
そうなんですよね
時折ふと思い返す時があります
その度にどうしてもっと踏み込まなかったんだろうとか
どうしてそんなことをしたんだろう
今なら違うことが言えたのに
と知恵がなかったなあと感じています

吹く風を待とうと思う
そう思って10年近く経ちましたが
残念ながら望む風は吹きませんでした
どんなときに風が吹くのか
まだ学とれないで年齢だけ重ねるだけで
諦めかけてましたが、

心地よい風が吹くのを
もう少し待ってみようかしら

2019/01/14(Mon) |URL|sulpice [edit]
Template by :FRAZ