back to TOP

admin |  RSS
▲⭐️S img070

35mmカメラを使い続けて、何年かして中判のブローニーフィルムのカメラも使用するようになった。
ゼンザブロニカ、マキナと続きマミヤ、ローライ、ハッセルブラッドと変遷する。
手元に残っているのはマミヤ以降のカメラだが、これまで使用頻度が一番高いのはマミヤだ。

New Mamiya6 MFはレンジファインダーの6×6フォーマットで一度故障して修理したこともあって本体は2台ある。

マミヤのレンズはカール・ツァイスのレンズに比べると人気がないかも知れないが、カメラ本体の使い勝手の良さと全体のバランスで、出かける間際になると咄嗟にこのカメラを選んでしまう。

カメラやレンズのスペック、広告、実写例、コメントなどいろいろな情報に左右されて私達は製品を選択しているが、結果として残される作品にどれだけそれら情報が影響しているのか疑問に思うことがある。
もちろんどんな機材でもいいとは思わないし、だからこそ自分もこれまでいろんな機材を試してきた。

ただこれまで少なからず感じてきたのは、撮影の際にどれだけその被写体にストイックに向き合えるかということで、その時に手足となるカメラがどれだけ思いのままに動いてくれるかということだ。
その時々に使い慣れたカメラで、この1台しかない、このレンズしかないと覚悟することで良い作品が生まれるような気がする。

ひとつだけ心配なのは、自分が生きている間にフィルムが無くならないかということだけである。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ