back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_4780.jpg


もしあなたがパリへ行く機会があり
数時間の余裕があるのなら
Victor Hugo通りの「ボワシエ」を訪ねてみてほしい

1827年 Bélissaire Boissierによって
創業されたパティスリーメゾンである


伝統的な絵柄やテーマカラーであるシアンブルー
美しい化粧品のようなパッケージに入れられた
砂糖菓子やショコラそしてマロングラッセは
この店の歴史とともに愛され続けた逸品だ

季節に実った果実と無色透明な砂糖の結晶が
パティシエによって見事にアレンジされ
口の中で華やかなアンサンブルが響きわたる


数十グラムにこめられた甘い夢


そんなひとときの幸せも時には必要だ





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

コメントありがとうございます

ルシアンさま

確かに似ていますね。
「メテオリット」が誕生したのは1987年なので
何らかの影響を受けていたのかもしれませんね。
お菓子のような化粧品と化粧品のようなお菓子。
面白い関係ですね。







こんにちは

ゲランのお菓子のような?パウダー
「メテオリット」を想い出しました。

パールを含んだ色とりどりの丸いパウダーが
丁度このお菓子のように箱の中に・・・

友人からフランスのお土産にいただいたのですが、
その頃はまだ日本には普通のパウダーしかなくて
どうやって使うの?と(笑)

ブラシでくるくるっとなぞり
ふわっと肌にのせるだけという優れものでした。
箱もこのお菓子のようなお洒落な紙製でした。

もしかしたらゲランは
このお菓子からヒントを得たのかも?しれませんね。

2018/06/20(Wed) |URL|sulpice [edit]
Template by :FRAZ