back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_3149.jpg

主人と一定の距離を保ちながら散歩する犬がいる。
双方が信頼しているからか繋がれている様子はない。

フレンチブルドックは愛嬌があり、その憎めない表情がかわいい。
パリでも時折その姿を見かける。



2008年にこの世を去ったイヴ・サンローランの愛犬もこの犬種だった。

デザインにのぞむ彼の凛々しい表情が印象的だが、
一方で愛犬と一緒に笑顔を見せる優しい表情も写真に残されている。

彼の愛犬はMoujik(ムジーク)〔ロシア語で農民〕という名前だった。
仕事場でも一緒にいることが多かったようだ。


イヴ・サンローランが作り上げたファッションのブランド。
そしてその傍らにいた「農民」。


何かそこにパリが育んだエスプリを感じる。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

コメントありがとうございます

Yさま

確かにサンローランと愛犬のコントラストが
とても良いですね。
縦長と太短の容姿の違いも
コンビとしてバランスがとれています。
またお立ち寄りください。






写真で見るサンローランはちょっと神経質な感じもします。
傍に寄り添う愛犬がフレンチブルドックですから
なんとな~く彼の柔軟な頭を想像します~♪
ロゴが好きです~。

2018/03/15(Thu) |URL|sulpice [edit]

コメントありがとうございます

carmencさま

動画のワンちゃんかわいいですね。
個人的には大型犬が好きなのですが
一緒に暮らすのは難しそうです。





実は最近ある方の愛犬フレンチブルドックにハマっております
カワいくて、その動きについ笑ってしまいます。
この動画に出て来るのですがよろしかったらご覧下さいませ
https://www.youtube.com/watch?v=UaGK8MCVZyE

2018/03/16(Fri) |URL|sulpice [edit]
Template by :FRAZ