back to TOP

admin |  RSS
▲⭐️img826

ジョン・コルトレーンの「SOULTRANE」というアルバムの
5曲目に入っている曲が「Russian Lullaby(ロシアの子守唄)」だ。


この曲を学生時代に初めて聞いた時、大陸を駆け抜ける長距離列車の
姿を思い浮かべた。
気にいって何度も繰り返し聴いていた記憶がある。

大平原を、森を駆け抜けるコルトレーンのテナーサックス。
まだ見ぬ土地の果てしない風景が脳裏をかすめた。
もちろんそのほかのスローバラードやレッド・ガーランドが弾く
ピアノメロディも十分に魅力的で印象に残る。

あえて言うなら5曲の中でこの曲だけが異色だが、
自分にはこの曲が入っていることがこのアルバムの魅力だった。


今になって改めて聴くと、その頃の自分が投影されて懐かしい。




ジョン・コルトレーン(ts)、レッド・ガーランド(p)、
ポール・チェンバース(b)、アート・テイラー(ds)。1958年6月録音。





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ