back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_0129.jpg


Eva Cassidy


彼女が若くして亡くなったことを美化するつもりはない。
その演奏に耳を傾けるとき、スローな詞をかみしめるような歌声が
混沌とした現代を優しく包みこむ。



「枯葉」というとイヴ・モンタンやエディット・ピアフが取り上げられるが、
エヴァ・キャシディの「枯葉」には、彼女にしか表せない世界がある。


ひとりの女性が積み重なる落ち葉に自分を投影する想い。
暖炉に揺れる炎を見つめるように、
それは形作られることのない過去との会話を語りかけてくれる。



短い秋から冬へ。うつろう季節のなかで、
エヴァ・キャシディという一枚の落ち葉を
見つけてほしい。



※エヴァ・キャシディ
1963年米国生まれ、歌手、ギター奏者。
1996年11月、病いにより33歳にしてこの世を去る。





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

コメントありがとうございます

carmencさま

曲を聴いていただきありがとうございます
ひとによって評価は違うかもしれませんが
自分にとって秋のフィーリングにあった
一曲だと感じています

心に残る曲を紹介されている
carmencさんのフログを
楽しく拝見させていただいています






Katie MeluaとEva Cassidy の What A Wonderful World‬を以前ヤフーブログに載せてます

https://blogs.yahoo.co.jp/carmencold314/folder/552797.html
枯葉聴きました
1996年のLIVEです
心に、心の襞に染み込むようです
ジャニスが動なら静のジャニスみたいに
Over The Rainbowも好きです
多分Katie Meluaはエヴァを大好きだったんでしょうね

https://www.youtube.com/watch?v=ZemnaIkhAN8
一枚一枚土に落ちる枯葉のように歌が心に落ちていづれ熟成して人の心を癒し続けるのかも

2017/11/29(Wed) |URL|sulpice [edit]
Template by :FRAZ