back to TOP

admin |  RSS
 【No.114】Le Pain  2017/08/17 (Thu)
th_●image1

香ばしく焼けた、ひときれのパン。
お米が主食の日本では、パンの焼きたてを食べる機会は未だに少ない。


パリでは朝からパン屋に行列ができる。
焼きたてのパンを求めて、普段は我慢するのが嫌いなパリっ子が
このときばかりは大人しく並んでいるのが痛快だ。


店によっては東京のパン屋も十分においしくなったが、パリで食べるパンとは
根本的なレベルが違うような気がする。

このことは逆の立場を考えれば分かりやすい。
お米なら電気釜ではなく、昔ながらの大きな鉄釜で。
ゆすぎは慎重に、水はきっちりと計量。
選んだ米を使用して、少しかために。
パリでこうした白飯を口にするのは難しい。

パンであれば相当の注意点があるはずだ。
しかもパン屋によってはそれぞれレシピが違う。


何はともあれ、美味しく焼けたパンを食べる幸せは何物にも代え難い。
まずはその甘い香ばしい香りと、焦げる手前の表面の色だ。
そして樹皮のように硬い外側に反して、
内側のコットンのような歯ごたえと弾力のある中身。
ひときれ口にした際の、鼻から抜けるような微かに温かい穀物の湯気。
これこそが美味しいパンを味わう瞬間かもしれない。



今朝の我が家の食卓では、トースターで焼かれた食パンが待ちかまえていた。
もちろん、ごく普通に。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

ご訪問ありがとうございます

はむこたん さま

写真のコメントありがとうございます。
過去に撮ったもの、最近撮ったものと
テーマに合わせて選びUPしています。
ぜひまたお立ち寄りください。






初めて訪問させていただいたのですが
どのお写真も、本当にステキなものばかりで
先ほどからずっと、溜息がでております。(もちろん、良い方の溜息です。)

次の記事も、楽しみにしております。

2017/08/23(Wed) |URL|sulpice [edit]

コメントありがとうございました

nachopapaさま

パリでの生活は時に予想外なこともありますね。
焼きたてパンを帰るまでに待てずに「食べ歩き」していた
話はとても共感できます。
すぐに食べるのが一番美味しいですからね。
ぜひまたご訪問ください。








パン屋に並ぶ・・・
確かに仰る通り…ちゃんと自分の番が来るまで順番を待っている気がします(笑)

私の住んでいたエリアは三軒のパン屋がありました。日曜日になると輪番制で開店している店が変わるのですが、A店ではバゲット、B店ではクロワッサンバター、C店ではパンオーショコラかショーソンポムと選ぶべきパンが違ったのが印象的でした。

ぼぉーとしてB店でバゲットを買ってしまうととても残念な日曜日と言う事になってしまいます(笑)

焼きたてのパン…鞄に入れて部屋に戻るときには1/3が既に食べてしまっていた…なんて事ばかりでした。

2017/08/24(Thu) |URL|sulpice [edit]

ご訪問ありがとうございます

carmencさま

POULも美味しいパン屋さんでよく利用するのですが、
「ドミニク・サブロン」というパン屋さんが
お気に入りでよく買っていました。
残念ながらもうなくなってしまいましたが、
東京でパリの美味しさが味わえる貴重なお店でした。
どんな世界にも移り変わりがありますね。
コメントありがとうございました。






15年程になりますが、POULのパンに出会って、
今まで食べてたのは何だったんだ?と衝撃を受けて、
その後何年もPOUL以外は食べないでいいなんて思って、
パンを食す回数がめっきり減った時期がありました。
最近は他にもパリやNYのパン屋さんとかいいお店がオープンしているようですね。

2017/09/10(Sun) |URL|sulpice [edit]

あとは

carmencさま

ほかにパン屋でうかぶのは渋谷のヴィロン、チェーン店ではメゾンカイザーで
しょうか。よかったら、ぜひ食べ比べてみてください。





あ、それです!
「ドミニク・サブロン」!
名前が出て来なくて探したけど分からなかったのですが、閉店したんですか
たしか御苑方向から歩いた時に見つけた新宿3丁目付近にあったお店。
オープンして間もない感じで、出先へお土産にもして、クロワッサンがとても美味しくて、これならパリの人が並ぶのを納得しました。
もう一度食べたいと思ってましたが、それは残念です。

2017/09/11(Mon) |URL|sulpice [edit]
Template by :FRAZ