back to TOP

admin |  RSS
■image1

paris

アンリ・カルティエ・ブレッソンが撮った
「雨の中のジャコメッティ」。
パリの街を傘もささずコートをかぶり歩くジャコメッティ。

自分も雨の中、彼を見ていたような錯覚におちいる。
芸術家の人柄と存在感が記された一枚だ。



tokyo

展覧会場を出て中庭から空を見上げた。
雨が降っている。
先程まで感心して観ていた絵ではなく
いくつか別のことが想い浮かぶ。

イギリスの片田舎で
雨の中をBarbourのコートだけで歩いた記憶。
長時間雨にさらされることが
どれほど体温を奪うのかと思い知らされた。

若かりし頃、
雨は今より冷たく感じていた気がする。
肌で感じる雨粒が確かに冷たかった。
いまでは細胞が鋭敏さを失っているのかもしれない。




「肌で感じる」

そんな作品に出逢えたら、
幸せだと思う。





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

コメントありがとうございます

carmencさま

ご訪問ありがとうございます。
雨の路面は絵になる場所が多いですね。
夜の風景もいいと思います。





いい写真ですね
雨の舗道もですが、直線が面白いですね

2017/08/15(Tue) |URL|sulpice [edit]
Template by :FRAZ