back to TOP

admin |  RSS
th_img001.jpg


フランスの店では外見でお客を判断することが多いとよく言われる。

「見かけは大切」というのは世界共通なのかもしれないが、現代においてはTPOは別にして、そうした見方は少なくなりつつある気もする。



先日「おとなの恋の測り方」というフランス映画を観た。

この映画は外見でひとはどれだけ物事を判断して、それよって左右されてしまうか。という誰もが陥いる先入観と、それをうち破り克服する大切さを「恋」という題材で物語っている。

わかりやすいストーリーだが、そんな中に私たちが普段の生活でどれほど偏見を抱えて暮らしているかと反省させられる。



見かけと中身は別。確かにそういうことである。
写真はどうだろうか。見かけだけだろうか。
中身は感じられないだろうか。

外側にある見えるものと内側にある見えないもの。
それらをどう表現できるかが求められる。

自分には写真の中身が見えているだろうか。




COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ