back to TOP

admin |  RSS
P2213949🌟


長編小説で、結末がはっきりと明示されていない作品がある。

物語が全て起承転結で終わるとは限らないが、
それは人の一生も同じような気がする。


まだ次のページがあると信じて生きる。
だがおおむね道半ばにして一生は途絶える。

それが自然の摂理かもしれない。



今日そして明日の時間を普通に生きる。
普通のことが普通に終わる。

本当は普通のことなんか何もないと思いつつも
日々をおくる。


それぞれがたどる物語がそこにある。





COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Template by :FRAZ