back to TOP

admin |  RSS
 【No.237】sign  2019/12/17 (Tue)
th_IMG_5899.jpg


兆候というサインに

自然の変異を感じとる動物たち

そこには私たちが失った

本能的な能力がある



セーヌに揺れる光

それは環境のバランスを見失うものたちへ

静かに告げられた

何者かのサインのようにも見える





th_IMG_4415.jpg


冬の空を見上げると

そこには裸になった木々たち


太陽に向かい葉を開き

育んだ様子が枝から伺える


ふと自分を振りかえると

自分にも生きた痕跡があるだろうか

長く生きた痕跡 何かを成し遂げた痕跡

答えは見つからない


時が経てばここへも春がくる

旅することができない木々たちには

新緑という愛が待っている




th_IMG_3181.jpg


街がひととき静けさにつつまれ

空の明るさに翳りが訪れるころ

その音色は何処からともなく響きわたる


アパルトマンの部屋からか

それとも近くの公園からだろうか

トランペットの音色が

旅人たちの今日に別れを告げる





Template by :FRAZ