back to TOP

admin |  RSS
 【No.175】TOOTH PASTE  2018/08/31 (Fri)
th_IMG_5211.jpg

いつの頃からだろうか
海外で地元のスーパーに売っている
「練り歯磨き」を土産に買うようになった

土産といっても自宅用としてだが
これが結構楽しめる
わずかな期間
旅の延長気分に浸れるからだ

中身はそれほど変わらないが
パッケージにそれぞれ個性があり
国柄や表現の違いが見てとれる


ちなみに写真はイタリア製の練り歯磨き
知人からもらったものだが
その美しい外装デザインは
化粧品のような輝きを放っている

まだ未使用だが
中身はどんなテイストなのか
少しばかり期待がふくらむ


残念なのは消耗品の運命として
この練り歯磨きもすぐに無くなってしまうことだ

やがて無くなるものが放つAURA



また新たな逸品を求めて 旅に出ようか





th_C5CAA84D-3EA8-42E3-89F1-63230500ABAC.jpg


陶芸家 河井寛次郎 。
その半生、作品をここで紹介するつもりはない。
ただ彼の感じたこと、彼の考えたことを
彼自身の言葉で受けとってほしい。
そこにはものを創り出す
作家としての一念が感じとれる。



手考足思


私は木の中にいる石の中にいる 鉄や真鍮の中にもいる
人の中にもいる
一度も見た事のない私が沢山いる
始終こんな私は出してくれとせがむ
私はそれを掘り出したい 出してやりたい
私は今自分で作ろうが人が作ろうがそんな事はどうでもよい
新しかろうが古かろうが西で出来たものでも東で出来たものでも
そんな事はどうでもよい
すきなものの中には必ず私はいる
私は習慣から身をねじる 未だ見ぬ私が見たいから

私は私を形でしゃべる 土でしゃべる 火でしゃべる
木や石や鉄などでもしゃべる
形はじっとしている唄 飛んでいながらじっとしている鳥
そういう私をしゃべりたい
こんなおしゃべりがあなたに通ずるならば
それはそのままあなたのものだ
その時私はあなたに私の席をゆずる
あなたの中の私 私の中のあなた

私はどんなものの中にもいる
立ち止ってその声をきく
こんなものの中にもいたのか
あんなものの中にもいたのか

あなたは私のしたい事をしてくれた
あなたはあなたでありながら それでそのまま私であった
あなたのこさえたものを
私がしたと言ったならあなたは怒るかも知れぬ
でも私のしたい事をあなたではたされたのだから仕方がない

あなたは一体誰ですか
そういう私も誰でしょう
道ですれちがったあなたと私

あれはあれで あれ
これはこれで これ
言葉なんかはしぼりかす

あれは何ですか あれはあれです あなたのあれです
あれはこうだと言ったなら
それは私のものであなたのものではなくなる

過去が咲いている今
未来の蕾で一杯な今



「民藝」昭和38年12月号より引用




1966年、河井寛次郎は76歳でこの世を去った。
人間国宝にも推挙された彼はそれを受けることなく、
無位無冠の人としてその人生に幕をおろしている。



 【No.173】揺れる光  2018/08/14 (Tue)
th_IMG_4697.jpg

古来から画家は北の方角に窓があるアトリエを選んだ。
直接的ではなく、間接的で均一化された柔らかな光を
好んだからである。

それはカメラを手にする我々にも同じことがいえる。
直接被写体へ光を照らすのではなく、バウンスさせたり
光を拡散させることで光をコントロールし、
柔らかな光に近づきたいと模索する。



そんな私たちを嘲笑うかのように刻々と変わるのが自然光だ。

それはどの瞬間に出会うか、
どう捕えるかで作品に影響を与える。


揺れる光は今日も私たちに微笑んでいる。





th_IMG_1599.jpg

雨がやんだ日
その手に一通の手紙を握りしめ
娘はサンダルで駆けていった

父はそんな娘の姿を
近くで見ているしか出来なかった



それは昭和という時代の出来事

どの家にもそれぞれが抱えた
ドラマがあった



続く平成という時代も
もうすぐ終わりを告げようとしている


電車で向かい側に座っている全てのひとが
携帯電話を手にして静かに座っている
新聞紙を畳んで読みふける会社員はいない


これは幼い自分たちが夢見た光景なのだろうか

手紙がメールとなり
筆跡のない画面を見つめながら
私たちは何処へ向かおうとしているのか


未来を生きる
きみのその手には






th_IMG_5176.jpg


夏という鞄から

乾いた地面に落ちた蝉


きのうまで鳴いていたのか

きょうも鳴くはずだったのか


誰にも気づかれず

天を仰ぐきみに

Lullaby





Template by :FRAZ