back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_0310.jpg


柔らかな日差しと
すり抜ける風が心地よい午後だ。

パリ9区。
タイブー通りから少し入った場所に、
かつて芸術家たちが多く住んでいた場所がある。

Square d'Orléans / スクワール・ドルレアン

そしてここは、フレデリック・ショパンが
1842年から7年の歳月を過ごした場所でもある。


病に臥せりヴァンドーム広場に面した家でこの世を去ったショパン。
1849年、39歳だった。


スクワール・ドルレアンで彼が過ごした日々。
ジョルジュ・サンドや仲間たちと
芸術について語り合っていたのだろうか。
数年後に訪れる自らの死期を悟っていただろうか。


この場所に佇むと目の前の景色にショパンの眼差しがオーバーラップする。
彼もここで同じ光景を見ていたかもしれない。


アパルトマン中庭にあるシンボリックな2本のマグノリアの木。
そしてその間にある青銅色の美しい噴水。
しなやかさと優美さのなかに独自の強さがある。


それはショパンのワルツを奏でるかのように、
今も水と光を輝かせている。




 【No.139】akogare  2018/02/03 (Sat)
th_IMG_1056.jpg


欲しいものがあるとき。


何度も繰り返しその姿や形を見ては、
手に入れたときの情景を頭に浮かべる。

それは自分にとって本当に必要なものか。
明日も明後日も、一年後も必要なものか。
冷静に考える。

こうして悩んだり嘆息をもらすとき、
まだ先には希望がある。


そして恋愛にも似た
ひとときの憧れというその過程にこそ、
曖昧な幸せがある気がする。




Template by :FRAZ