back to TOP

admin |  RSS
P2190041🌟

土曜日の午後、駅に近い行きつけの店で遅いランチを食べて、
その後スターバックスに駆け込む。


何処でもいいのだけれど、wi-fiが繋がることで
youtubeの音楽が楽しめるからだ。

暫くしてそれにも飽きると、ipadにストックしている曲を聴く。

過去に撮った写真を見直しながら、サイモン&ガーファンクルがイヤホンから流れる。こういう時のコーヒーは少し苦いほうがいい。


店内にいるほとんどの客はパソコンか携帯を凝視している。
時折気になった事柄を検索してみる。
前の検索履歴に思わぬ言葉が出てきて、ひとり苦笑いする。



都会のサナトリウムで習慣ともいえる時間。


ミセス・ロビンソンが聴こえはじめた頃、
窓の外でうっすらと雨が降りはじめた。




 【No.90】未完成  2017/02/13 (Mon)
R0015196w🌟

完成されていない作品。

それらは私たちの前に現れることは稀だが、
作家によっては数多くの作品が未完で残されている。


ミケランジェロの「ピエタ」は4点が現存しているが、
その中の3点は未完で終わっている。
これは何を意味しているのか。


作家は無論、作品を完成させることに心血を注ぎのぞんでいる。
ただそこには終わりがないというロジックもある。

「未だ何かが足りない、未だ何かを削れる。」
こうした葛藤が続く限り、作品が完成をみることはない。

作品に付きまとう終わりのない旅。
その旅の終わりは作家自身にしか計ることはできない。



私たちの前に残された未完の作品たち。
未完ゆえに表現される戸惑いと強さ。

そこには簡単に読み解くことのできない、
作品自身が放つ本質があるような気がする。




 【No.89】白い世界  2017/02/04 (Sat)
R0010092🌟

東京を出てまだ1時間もたたない頃。

ぼんやりとしていた自分の目の前に忽然として白い風景が現れた。
田畑も屋根も林も、遠くに連なる山の峰もみな白い衣に覆われている。

モノクロームに映る現実の世界。


何年も前に冬の北海道で遭遇した風景が蘇る。

それはやがて、あらゆるものを全て白く覆いつくしてしまうかのような、
そんな景色だった。
大きな木立ちの奥にあるのは別の世界かもしれない、そう感じた。
ひとの声、風の音さえも白い吸音材の中へと消えていく。

次の世界への通過点。

あのままカメラを片手に進んでいれば、
もしかしたら別の世界が見えたのかもしれない。



東京にもどり、日常の世界へ。
バスに乗り合わせた子供が手にしていたゲームは、
いとも簡単に次のステージへ進んでいた。




Template by :FRAZ