back to TOP

admin |  RSS
 【No.79】いのち  2016/09/13 (Tue)
img324🌟

生まれさせられる。
I was born.
それが受動態だと知ったのはまだ十代の頃、吉野弘氏の詩からだった。

自分の意志でこの世に現れたのではないということ。
まわりで共存している動物や植物でさえ、いのちという存在は皆同じだ。
このことを意識せずに、どれだけ日々を過ごしていることだろう。

争い、天災、病。自分の意思とは関係なくいのちが奪われる毎日。
生まれさせられたいくつものいのちが今日も消えていく。


あたえられた、いのちの尊さ。
それは産まれて間もない子馬が無言で教えてくれている。





img412🌟

パリ リュクサンブール公園。
その昔、ヘミングウェイが腹を空かして鳩を追いかけていた公園だ。

この広大な公園に佇んでいると、人ひとりの小ささが改めて身にしみる。

走る人、休む人、語る人、集う人。
繰り返すことのできない時間をそれぞれが共有している。


数十年前、二度目にパリを訪れたときに泊まったのが、この公園に面した小さなホテルだった。
まだ若かった自分には、公園がさほど広くは感じられなかった。

どこまでも歩いていける、そんな貪欲な気持ちと向上心が大きな網の目となり、
目の前を通り過ぎる些細なことには気づかなかったのかもしれない。

今では通り過ぎる人の表情や近くに咲く花、かすかな風の動きでさえ
眼鏡をかけて見えるように感じられる。


長い時間こうして動かずにいると、公園内にいくつもある彫像になってしまうかもしれない。

これから鳩を追いかけて駆け出してみようか。





Template by :FRAZ