back to TOP

admin |  RSS
img068-2.jpg

パリ ソルボンヌ広場。
朝まだ早い広場は、静かに時が刻まれる。


柑橘系の果物に似た甘く切ない若かりし頃の記憶。
学生街という場所に魅かれるのは、
そんな中に自分を投影してしまうからなのか。


17世紀から変わらぬ風景は、読みかけの本のように
今日も一頁が読みすすめられていく。




Template by :FRAZ