back to TOP

admin |  RSS
▲⭐️R0014326a

雨が止んだ朝、葉に留まる水のひとしずくに無限の広がりがこめられた生命を感じる。
銀河系のような宇宙の一群が、もしかしたらこの中に存在しているからだろうか。

万物に宿る宇宙をふだん私達は見過ごしているのかもしれない。

ひとしずくの水は見ている間そこに現れているが、ひと息ついてふたたび凝視するともう何処かへ消えてしまっている。

命の源は人知れず儚い。




 【No.33】雲の峰  2014/07/26 (Sat)
▲⭐️kR0016048

夏の雲、それは純粋で力強く美しい。
山の峰のように沸き立つ積乱雲などを「雲の峰」というのだそうだ。

梅雨の季節が過ぎ去ると、空には入道雲が顔を見せる。
丸みを帯びた堂々とした白色に、コントラストをつけた空の青色。
この雲に出会うと不思議と小学生の夏休みを思い浮かべる。

夏休みの絵日記には必ずと言っていいほど、この雲を描いた。
綿飴のようなこの雲を描くだけで夏が表現できた気がした。
いつの頃からか次第にそんな雲の形も子供っぽい気がして、あまり興味をひかなくなった。春や秋の偶然が作り出す柔らかな雲の形が美しいと思うようになった。

やがて年を重ねるとそんな好き嫌いの気持ちも薄れ、ただそこにある雲の形に見惚れている。修行に似てすべてを受け入れることで雲を理解し存在に近づけるのかもしれない。

雲の峰はまだ遠い。



 【No.32】時計  2014/07/19 (Sat)
▲⭐️DSCF2318

もらった時計と買った時計。止まった時計と傷ついた時計。

いくつもの時計がこれまでの年月、静かに時を知らせてくれた。
大切な人との約束時間に遅れ繰り返し時間を気にした時、試験で数分に集中した時、知人が亡くなりぼんやりと時計を見つめた時、空港で時差の針をあわてて合わせた時。

振り返ると、自分と永い時間を一緒に過ごしてきた時計が愛おしい。
時計のベルトやクオーツ時計の電池など何度も交換をした。
その度に新たな気持ちが自分に少しだけ活力を与えてくれた。

今は機械式の時計が時折時刻をずらしては主人の様子を伺いながら一緒に生活を共にしてくれている。



▲⭐️img410

ルーブル美術館内の床面に1枚の丸い円板が埋められている。ARAGOと記されたそのプレートに気づく人はほとんどいない。

同じプレートがサンジェルマン大通りの歩道にもある。
こちらもまたその存在に気をとめる人は誰ひとりとしていない。確かにこの直径12cmしかない円板が何を語っているのか、パリに住んでいる人でも興味をもつ人は少ないかもしれない。

現在ではグリニッジ標準時が常識となっているが、その昔パリの街を南北に貫く「パリの子午線」が制定されていた。

この子午線がはっきりと見てとれるのは、サン・シュルピス教会の床面だ。
石の床に祭壇の向きとは関係なく子午線のラインが標されている。
この事実は小説「ダヴィンチコード」でも紹介されているので記憶にある人も多いだろう。

1994年、オランダの芸術家がパリ子午線の軌跡として135枚の円板を子午線上に埋め込んだ。そしてそのプレートには子午線の制定に尽力したARAGOというひとりの人物の名前と南北をしめすNとSが印された。
このプレートはパリ天文台を基点として、私有地、公共の建物や道路などに埋め込まれたが既に相当数が工事や盗難により消失しているという。

かつてあった見えない子午線上にある目視可能な標識。
これもまたパリの歴史のひとこまと云える。

パリを歩く際には見えない子午線の上を旅してみるのもおすすめだ。



Template by :FRAZ