back to TOP

admin |  RSS
 【No.121】折り紙  2017/10/01 (Sun)
th_◉image1

海外へ旅行した際、親しくなったひとへ折り紙を
渡したことはないだろうか。

自分も過去に鶴の折り紙を上げたことがある。

そのへんにあった紙きれで簡単に折られた鶴。
果たしてこんなものでと思ったものだが、
鳥の造形に変化した小さな紙きれを嬉しそうに
手にとってくれた。


丁寧に折られ温もりを感じる紙の鶴。

見返りを求めない愛とでもいえるのか、
負担にならずさりげないのがいい。


あまり出しゃばらず控えめな優しさ。

数字に置きかえると1ではなく0から1までの間。

その間に美しさがあるような気がする。




th_○mage1


「そのゲームはいつ終わるの?」

「わからない。いつも途中で中断しては、またその途中から始まる。」

「終わりがないってこと?」

「いや、いつかは終わりがくる。自分がそこに浸っているだけで、
 やめようと意識すれば、そのときが終わりだよ。」

「そうしてゲームに浸っている時間に大切なものを失っていると思わない?」

「そうだね、失っている時間は多いと思うよ。」



自分は無意識のうちに時間を無駄にしているのだろうか。
そんな会話のあと、スパイラルに迷い込んだような空白の時が過ぎる。


休日の午後、カフェから赤いスポーツカーが見える。



ひとは時として快楽の迷路に迷い込む。
そしてある時は静から動への欲求にとらわれる。


自分の心にスポーツカーは存在しているだろうか。



今日という一日をどう生きるか。

求める一枚の写真は、そんな一日の何処かで待っている。





 【No.114】Le Pain  2017/08/17 (Thu)
th_●image1

香ばしく焼けた、ひときれのパン。
お米が主食の日本では、パンの焼きたてを食べる機会は未だに少ない。


パリでは朝からパン屋に行列ができる。
焼きたてのパンを求めて、普段は我慢するのが嫌いなパリっ子が
このときばかりは大人しく並んでいるのが痛快だ。


店によっては東京のパン屋も十分においしくなったが、パリで食べるパンとは
根本的なレベルが違うような気がする。

このことは逆の立場を考えれば分かりやすい。
お米なら電気釜ではなく、昔ながらの大きな鉄釜で。
ゆすぎは慎重に、水はきっちりと計量。
選んだ米を使用して、少しかために。
パリでこうした白飯を口にするのは難しい。

パンであれば相当の注意点があるはずだ。
しかもパン屋によってはそれぞれレシピが違う。


何はともあれ、美味しく焼けたパンを食べる幸せは何物にも代え難い。
まずはその甘い香ばしい香りと、焦げる手前の表面の色だ。
そして樹皮のように硬い外側に反して、
内側のコットンのような歯ごたえと弾力のある中身。
ひときれ口にした際の、鼻から抜けるような微かに温かい穀物の湯気。
これこそが美味しいパンを味わう瞬間かもしれない。



今朝の我が家の食卓では、トースターで焼かれた食パンが待ちかまえていた。
もちろん、ごく普通に。




 【No.111】Seesaw  2017/07/19 (Wed)
th_2image1.jpg

ひとりで遊ぶことの多かった自分は、
子どもながらにこの遊具に興味をもてなかった。
というか、あまり乗ったことがなかった。


誰もいない公園でシーソーを見つめる。


軽い方が上へ、重い方が下へ。
当然だが、それは重力を目で見るということだ。
現実を直視するような「力」というバランス。

数値化、基準、評価。社会で必要とされるものには数字がともなう。
見方によっては競争社会での「振り分け」ともいえる。


一方で写真や絵画は数値では計れない。
もちろん売ることで評価額は決定するという見方もあるが、
売ることを目的としない作品があるのも事実だ。


作家は作品を通してどれだけのメッセージを伝えることができるか。
目に見えない「心の中のシーソー」を傾けることができるかが重要だ。



公園のシーソー。

恋人達なら、こんな楽しい乗り物はない。
相手がいれば、今でも恥ずかしがらず乗ってみたいと思う。
自分には訪れそうもないシーンだが。




image1🌟


夏の休日に
裸足で聴くガーシュウィン


午後四時のヴィシソワーズ

よく冷えていることが大切である
器もまた同じだ

滑らかな口あたりと
野菜の奥深い甘さ


冷たく白いビロードが
身体のなかへ溶けていく





P6030896🌟

望むでもなく夏がくる。

そういえば空から「もうすぐです」と
雲が云っていたのを思い出す。



通り過ぎるひとの波をくぐりながら、
原宿の街を彷徨い歩く。

自分は何処へ向かっているのだろう。
インパラの群れのなかを年老いたチーターが歩いている気分か。



喧騒を避けて大通りから路地の住宅街へ。

モダンなコンクリートの建物前に薔薇が咲いていた。
・・・今日という一日が、優しい香りにつつまれる。



しばらく歩き、カフェでひと息つく。


アイスティーに浮かぶ大きめの氷が、
ゆっくりと来る夏に溶けていく。






R00384633🌟


あの日の渋谷も雨が降っていました。


送別会の夜、ふたりで交差点を並んで歩きましたね。
どんな話をしたか思い出せませんが、ふたりとも大きな声で
笑っていたのを覚えています。

あれから街も随分と変わりました。


あの頃にはもどれませんが、
過ぎた時間はみな美しく感じます。


あなたの好きだったスティングが
いまラジオから聴こえています。




P2190041🌟

土曜日の午後、駅に近い行きつけの店で遅いランチを食べて、
その後スターバックスに駆け込む。


何処でもいいのだけれど、wi-fiが繋がることで
youtubeの音楽が楽しめるからだ。

暫くしてそれにも飽きると、ipadにストックしている曲を聴く。

過去に撮った写真を見直しながら、サイモン&ガーファンクルがイヤホンから流れる。こういう時のコーヒーは少し苦いほうがいい。


店内にいるほとんどの客はパソコンか携帯を凝視している。
時折気になった事柄を検索してみる。
前の検索履歴に思わぬ言葉が出てきて、ひとり苦笑いする。



都会のサナトリウムで習慣ともいえる時間。


ミセス・ロビンソンが聴こえはじめた頃、
窓の外でうっすらと雨が降りはじめた。




▲P2284090

春の気配が感じられるあたたかな日和だった。
浜松町から新橋にかけてゆっくりと歩く。
桜の季節はもうすぐだが、後押しするような陽気で道行く人も穏やかな表情だ。

新橋は再開発で大きくその顔を変貌しつつある。
古いビルが取壊されて、あちこちに空地が目立つ。
街の姿が変わることは必然かもしれないが、そこで長い時間を過ごした経験がある者には寂しさが残るだろう。

新橋駅に着く前に赤煉瓦の高架橋が横たわる。
新橋から日比谷方面に続くこの高架橋ができたのは明治42年から43年にかけてだ。
通称「ガード下」には、かつて飲食店や映画館など繁華街の延長として賑っていた歴史がある。ほとんどの店は安普請でそれがまた庶民派にうけてきたのは日本らしい。

パリでは同様な高架橋を市が買い取り、職人の工房やショップなどにしてうまく活用している「Bastille Viaduct」という場所がある。
海外とは考え方や背景こそ違うが、こうしたパブリックの再開発こそ必要かもしれない。

新橋駅前では「サラリーマン」の名札を付けたおじさん達が今日も仕事帰りの時間を楽しんでいる。明日には自分も名札を付けて仲間入りしようか。



Template by :FRAZ