back to TOP

admin |  RSS
th_IMG_7622.jpg


いまから100年前
それはさほど遠い日の話ではない

私たちの祖父母が生きて活躍していた頃

モンパルナスに続くこの道を
芸術に明日の希望を夢見た画家、彫刻家、小説家、詩人、作曲家など
数多くの人びとが往来していた
まさに芸術の太陽がパリだけを照らしていた頃である


しかし時代は残酷にも
戦争という大きな流れにのみこまれ
多くの芸術家がこの場所を去っていった

在りし日の面影だけを残して
時は流れ街も移り変わる
よき時代にこの地で生まれた多くの作品だけが
今も私たちに語りかけてくれる

モンパルナスで生きたひとりの画家が
こんな言葉を残している
「必ず絵には永久に生きてる魂があると思います」
-レオナール・フジタ-


2020年
戦争とは別の戦いで多くの隣人を失っている私たち
「アーティストは(社会にとって)不可欠であるだけでなく、
とりわけ今は、生きるために欠かせない存在だ」
ドイツ・グリュッタース大臣のメッセージが心に響く

「生き続けること」を考えさせられる日々が続いている




th_finialo.jpg


街から人びとが消え
静寂に包まれるとき

君は悲しんでいるか
昨日を顧みているか
明日を夢見ているか
心の声が木霊する

人は愚かな一面もあるが
支えあう強い一面もある

いま一度現実と向き合うこと
何かを変えていくことが
求められている


そして希望はある


-すべての人には、幸せに生きる、使命があります。だから、すべての人を幸せにする、義務があります。-
Maria Skłodowska-Curie





th_IMG_8030.jpg

あなたにとって至福とはどんなときだろう

仕事を終えたあとの一杯
目標にしていた距離を完走できたとき
欲しかったものが手に入り包みを開けるとき
休日の何もしないひととき

それぞれの想いが至福にいたる過程
ひとによって違いもあるだろうが
それは困難なほど得られるものも大きい



いま世界が抱える大きな病いが
終息をむかえる頃

普通の生活が至福に思えるときが
一日も早く来ることを祈る





th_IMG_8014.jpg


私たちが生きている間は 
体重という重さを意識して
毎日をおくっている

太ったり痩せたり
自分の重さに一喜一憂しては
健康でいることを祈っている

昨年のことだった
親族の火葬に立ち会った際
人は灰になることで
重さを失うということを
改めて考えさせられた


いつの日か
自身が重さを失うその日まで
わずかでも記憶に残る
重みのある作品を残せたらと思う





 【No.241】朝陽  2020/02/10 (Mon)
th_IMG_4079.jpg



朝陽が音もなく

生きとし生けるものへ

安らかな温もりを届ける


それは今生まれたものや

年老いて風化するもの

全てに優しく降りそそぐ


俯いていた足元のクローバーが

陽に向かって微笑みはじめる






FET ILYA


Bonjour Monsieur


あなたがいた頃のパリとは
随分と街も変わりました。
たぶん今のパリを見たら、
そのきれいに様変わりした風景に
驚かれると思います。


あなたが作品に描かれた広告ポスターが集まった壁面も、
今では殆どその姿を見なくなりました。
パリらしさが少なくなるというのはとても残念です。


先日、小雨のマレ地区を歩いていた際に
懐かしいポスターの壁面を見つけました。

ふとあなたのことが思い浮かび、
写真を撮りました。

ポスターもあなたが描いた頃とは変わっていることでしょう。
ただどんな時代であっても広告は時代の鏡のような、
そんな気がします。

あなたの描いた広告の文字が、絵柄が、見て描いた時代の温度が
絵を通して今も語りかけてくれます。
移り変わるもの、消え去るもの、それら全ては
ひとの姿やこころと同じなのだということかもしれません。


作家人生の大半をパリで過ごしたあなたが、
たとえ短くともその燃える魂をパリに捧げたことを、
100年後に生きている私は誇らしく想っています。




※ 佐伯祐三、画家。
1928年、30歳にしてパリでこの世を去る。





 【No.239】Smile  2020/01/14 (Tue)
th_IMG_7897.jpg


毛糸で編んだマフラーを首に巻き
普段は見ない本屋のコーナーで時間をつぶす

新しい年の休日は
習慣にも僅かな変化をもたらしてくれる


午後3時 花屋前での待ち合わせ

イヤホンからナット・キング・コールの
「Smile」が流れる

今の自分は疲れた顔をしていないだろうか
花に向かって微笑んでみた





 【No.238】冬の華  2020/01/05 (Sun)
th_IMG_7389.jpg


年の若かった頃は
「花の写真」というものに抵抗があった。
大御所と呼ばれる写真家がクローズアップの
花の写真を発表するのを見る度に、
またかと思っていた。

自分が若いとは言えない年代になると
その理由がわかる気もしてきた。

花には刺激がない。
若い頃は花よりもっと刺激的なものに
目が行くのは当然のことだろう。
じっと花を凝視することなど
その頃には考えも及ばなかった。


花の写真で一番印象に残っているのは
R・メープルソープの作品だろうか。
花と光を描いた官能的ともいえる彼の作品は
長い時間、残像が頭から離れなかった。


冬のパリで出会ったシクラメン。

冬ならではの
そこに静かな「華」を感じた。




 【No.237】sign  2019/12/17 (Tue)
th_IMG_5899.jpg


兆候というサインに

自然の変異を感じとる動物たち

そこには私たちが失った

本能的な能力がある



セーヌに揺れる光

それは環境のバランスを見失うものたちへ

静かに告げられた

何者かのサインのようにも見える





th_IMG_4415.jpg


冬の空を見上げると

そこには裸になった木々たち


太陽に向かい葉を開き

育んだ様子が枝から伺える


ふと自分を振りかえると

自分にも生きた痕跡があるだろうか

長く生きた痕跡 何かを成し遂げた痕跡

答えは見つからない


時が経てばここへも春がくる

旅することができない木々たちには

新緑という愛が待っている




Template by :FRAZ