back to TOP

admin |  RSS
th_4C5147D6-20A8-46F8-9343-5CC8A4F1652C.jpg


夜が明けたばかりの広場

数時間前までいた学生たちの歓声が
洗い流されるように水が放たれる


研究に没頭したキュリー夫人
恋を物語りに綴ったフランソワーズ・サガン
映像の先にあるものを追いかけたジャン・リュック・ゴダール

若き日の誓いを胸に刻んだカルチェラタンは
このサン・ミッシェル広場からはじまる




th_IMG_3680.jpg

いつか自分が撮っている被写体になれたら
こちらではなくあちら側だったらとふと想う

カメラをおいて街を歩く
そんな時間が必要かもしれない


ときには自分のペースではなく
愛犬を連れて歩くのもいい

自分の行きたい方向と愛犬の行きたい方向
その違いがまた楽しいはずだ


昨日読んだ本
今朝食べたクロワッサン
指先が記憶しているパスワード
すべてを一度リセットする


日常から遠く離れて





th_IMG_5909.jpg

その劇場はLa Chapelle駅からほど近い場所にあった。


「それにしても古い劇場ね」

「ナポレオン3世の時代にできたらしいよ。
パリにはもっと歴史が古い劇場があるけど、
現代風に綺麗に改修されてるからね。
それに比べてここは廃墟一歩手前の感じがする」

「何か演奏を聴きにきたというより、劇場を見にきた感じね。
タイムスリップでもした気分。
随分街の中心からも離れてるし、
こんなふうに残されているのが嘘みたい」

「注目されずに放置されたまま時だけが過ぎたんだ。
歴史の標本みたいな劇場かもしれない。
-もうすぐ開演だよ、携帯はオフにした?」

「気分はオフだけど・・・」


こうして独自の雰囲気に包まれた会場で、
ほどなくベートーヴェンの三重奏が始まった。




Théâtre des Bouffes du Nord (ブッフ・ド・ノール座)
1876年パリ10区に建てられた劇場。経営不振から1952年に閉鎖。
1974年にはPeter BrookとMicheline Rozan指導のもとに生まれ変わるが、
資金難のため内外装はいっさい改装されなかった。
2010年には、Olivier ManteiとOlivier Poubelleが引き継ぎ、現在に至る。




th_C4259E0D-E033-428C-97AE-1330F683B55F.jpg

ホテルに滞在するか、誰かの住まいに招待されないかぎり、
パリで建物の内側にある中庭を見ることは難しい。

ここはHôtel de Brancasという、1710年からある建物の中庭。
当時のディテールがどれほど残っているのかは知る由もないが、
パリにあってこの落ち着いた緑の空間を得られているのは価値がある。

建物そのものには当然そこに住んだ人の考え方や嗜好が反映されがちだが、
「中庭」という存在は、それとは異なるあゆみを感じさせてくれる。


扉を開けて6つの石段を降りる。
数百年の間、どれだけのひとがこの中庭へ降り立ったのだろうか。

主人であった侯爵、その家族、使用人、そして招かれた客人たち。

改修される機会も少ない中庭には、
何かそこに長い時の空気が沈殿しているかのようだ。



古い樹木に話しかける。
しばらくすると微かに枝を揺らし彼は応えてくれた。

「 きみは何処から来たんだ。
もう何年も庭師以外とは話をしていないが、
この老いぼれの木に話しかけてくるとは珍しい客人だ。

ここにいると街の様子はわからないが、
ひとの悲しみや喜びは手に取るようにわかる。

今は平和なのかもしれないが、以前のような
喜怒哀楽はなくなってしまった。
ひとはもっと感情をさらけ出したほうがいい。

いまは振り返らず、前に進むことだ。
時がきたら、またいつかこの場所を訪ねるといい。
その時きみは老人になっているかもしれないが。 」


古い樹木はそう言って、手を振るかわりに
枝の間から心地よい風をおくってくれた。


中庭には、おとぎ話がよく似合う。






th_IMG_4309.jpg

2018年 モンパルナスタワーが見えるレンヌ通り。


一見ひと昔前と何も違っていないように見えるが、
店舗や街を歩く人たちの流れは随分と変わった気もする。


道端で煙草を吸っているひとも少なくなった。
思い返すとあちこちのカフェにあったTABACという文字。
いつのまにか何処かへ消えてしまった。
煙草のけむりも自由という枠から排除される、
パリもいまではそういう時代なのだろう。


ピカソ、モディリアーニ、フジタ、ザッキン、シャガールなど
数えきれない画家や彫刻家、芸術を志す人々が住んだモンパルナス。

彼等が集ったカフェや消えつつある面影。
この場所の古き良き時代に憧れるのは自分だけだろうか。


月日は静かに、そして確実に眼の前を通り過ぎていく。





th_IMG_4396.jpg

ポンピドゥーセンターに隣接した目立たない場所に小さな建物がある。
そしてそこには、ひとりの彫刻家がかつて使っていたアトリエが
再現されている。

彫刻家 コンスタンティン・ブランクーシ。
ルーマニア出身の20世紀を生きた彫刻家だ。

一切の虚飾を捨て去り、一体のフォルムに凝縮させた彫刻。
その研ぎ澄まされた感覚で刻まれた抽象作品は、
私たちに多くのメッセージを投げかけてくれる。


若き日の彼はロダン工房に一旦身をおくものの
「大樹の陰では何も育たない」という考えから、
すぐに独自の道を歩むことを選んだ。



ほんとうに現実的なものは、
事物の外から見えるかたちではなく、
そのなかにひそむ本質である。
この真理を出発点とするかぎり、
もはや事実の表面だけを真似ることで
現実を表現することなど、
誰にとっても不可能なことである。

-コンスタンティン・ブランクーシ-



もののなかにひそむ本質。

アトリエに残る数多くの作品には
その答えが散りばめられている。

そしてそれらの作品が放つ音階は、
いつまでも私たちの中に響き続ける。



※コンスタンティン・ブランクーシ
(Constantin Brâncuşi, 1876年2月19日 - 1957年3月16日)





 【No.177】Odéon  2018/09/21 (Fri)
th_IMG_3180.jpg


夕暮れのパリ オデオン座。

「オデオン座」というのは通称で
名称はOdéon Théâtre de l'Europeという。

1782年に竣工された際にはマリー・アントワネットが訪れ、
当時は「フランス座」と呼ばれていた。


その後、長い歴史の中でこの劇場は何度も名前を変えられた。

ただ駅名でも使われている「オデオン」という名前に
愛着を感じるのは自分だけではないと思う。

オデオンという名前は日本でも各地の劇場で使用され、
映画館として馴染みがあるひとも多いはずだ。



暮れなずむパリの街に、ほのかに灯をともすオデオン座。

やがて新しい時代となり、また新たな名前に変わろうとも、
この灯だけは絶えることがないように祈りたい。





th_IMG_5180.jpg


「お母さん、これテレビで見たことあるよ」
「でももっと大きくて、確かアメリカにあったと思うけど」

「そうだね、でもこっちが本物だよ」
「でかけりゃいいってもんじゃないんだよ」



訪れた親子が、そんな会話をしていたかどうかはわからない。
母親は何か諭すように子どもに話しかけていた。



-パリ リュクサンブール公園でのひとコマ-





※ニューヨークの「自由の女神像」は1886年、アメリカ合衆国の独立100周年を記念して
フランス人の募金によって贈呈された。
そのもととなったのが、フレデリック・オーギュスト・バルトルディ作のこの像である。




th_186B6232-84C4-4EEC-A3EB-24B53FD21716.jpg


物語の始まりは自然なほうがいい
出来たらひとも登場しなくていい

音もかすかに聞こえる程度で
絹の雲が移ろう空

一夜が明け澄みきった空気に
常温の水のような感触の朝


そんな朝を描けたら
物語の始まりとして理想的だ





th_IMG_4486.jpg


「世界で一番美しい街はどこだい?」
王妃は並べられた銀器に問いかけた。

「はい、それは白雪姫の住むパリです。」


とでも言いたくなるような磨かれた銀器のディスプレイ。


いつも思ってしまうのは、こうした銀器は
その輝きを保つために美しく磨かれていることが大切だ。
それには維持してくれる使用人を雇えるひとが持つべき
品々ともいえる。


次に生まれてくるときには、果たしてこうした
銀器が自分の食卓にあるだろうか。

銀器に問いかけてみようか。




Template by :FRAZ