back to TOP

admin |  RSS
▲⭐️R0013077

高校の入学祝いだったか、シェーファーのボールペンを親戚からもらった。
黒地に金の網目模様がありデザインは気にいっていたが、無頓着であまり使いもせずに何十年もそのへんの引き出しに仕舞ったままだった。

最近になって、ふとこのペンの事が気になりデパートの文具売場で替芯を用意してもらったのだが、売場の老紳士にこう言われた。
「このペンは貴重です。大切にしたほうがいいですよ。」
そうなると一気にペン熱が高まり、他に仕舞っていたペンも日の目を見ることになる。

そういう視点で見直せば、また使ってみようと思えるペンが何本か出てきた。
これだから男は単純だと言われるのかも知れない。
気づけばペンを入れる革製のケースまで買っていた。

パソコンの反動かも知れないが、アナログな万年筆やボールペンの筆記具にこの頃不思議と愛着を感じている。



Template by :FRAZ