back to TOP

admin |  RSS
 【No.111】Seesaw  2017/07/19 (Wed)
th_2image1.jpg

ひとりで遊ぶことの多かった自分は、
子どもながらにこの遊具に興味をもてなかった。
というか、あまり乗ったことがなかった。


誰もいない公園でシーソーを見つめる。


軽い方が上へ、重い方が下へ。
当然だが、それは重力を目で見るということだ。
現実を直視するような「力」というバランス。

数値化、基準、評価。社会で必要とされるものには数字がともなう。
見方によっては競争社会での「振り分け」ともいえる。


一方で写真や絵画は数値では計れない。
もちろん売ることで評価額は決定するという見方もあるが、
売ることを目的としない作品があるのも事実だ。


作家は作品を通してどれだけのメッセージを伝えることができるか。
目に見えない「心の中のシーソー」を傾けることができるかが重要だ。



公園のシーソー。

恋人達なら、こんな楽しい乗り物はない。
相手がいれば、今でも恥ずかしがらず乗ってみたいと思う。
自分には訪れそうもないシーンだが。




th_img001.jpg


フランスの店では外見でお客を判断することが多いとよく言われる。

「見かけは大切」というのは世界共通なのかもしれないが、現代においてはTPOは別にして、そうした見方は少なくなりつつある気もする。



先日「おとなの恋の測り方」というフランス映画を観た。

この映画は外見でひとはどれだけ物事を判断して、それよって左右されてしまうか。という誰もが陥いる先入観と、それをうち破り克服する大切さを「恋」という題材で物語っている。

わかりやすいストーリーだが、そんな中に私たちが普段の生活でどれほど偏見を抱えて暮らしているかと反省させられる。



見かけと中身は別。確かにそういうことである。
写真はどうだろうか。見かけだけだろうか。
中身は感じられないだろうか。

外側にある見えるものと内側にある見えないもの。
それらをどう表現できるかが求められる。

自分には写真の中身が見えているだろうか。




⭐️image1

それは魔女の囁きだろうか。
通過するひとや車の流れに、微かな笑みで誘いかける。


パリ16区 ロンシャン通り。

ここは教会ではない。
ましてや自らを懺悔する場所でもない。
それでも通りすがりの私たちに何かを咎めるかのように、
その婦人の彫刻は語りかけてくる。

アパート階上には普通に何人もが暮らしている。
はたして毎日此処を通りぬける住人はどんな気分なのだろうか。

しばらくすると、身なりの整った年配の紳士が扉から出てくる。
いつものことなのか、入口の彫刻など気にかける様子もない。


もしかしたらこの婦人の彫刻が話しかけているのは
限られたひとだけなのかも知れない、そんな気がした。
だとすると彫刻は自分にだけ語りかけているのか。

近寄ってじっくりと彫刻に視線をおくる。
アールヌーボー様式の草花が婦人を囲み、
表情は沈黙するかのように遠くを見据えている。



夕刻近く撮影を終えて、その日は足早にホテルへもどった。
帰り途中、地下鉄で婦人の顔が脳裏に浮かぶ。

建物に婦人が来て既に100年以上経っている。
これから先、変わることが無ければ数百年はあの場所で微笑んでいるかもしれない。

そう想うと、孤独な石の婦人にまた会いに行きたい気がした。




image1🌟


夏の休日に
裸足で聴くガーシュウィン


午後四時のヴィシソワーズ

よく冷えていることが大切である
器もまた同じだ

滑らかな口あたりと
野菜の奥深い甘さ


冷たく白いビロードが
身体のなかへ溶けていく





IMG_0558🌟

ふとしたきっかけで
食器棚にしまいこんであった一客の器と再会した。


シリーズ名は「インドの華」。
ハンガリーを代表する1826年創業、ヘレンド社のカップ&ソーサーだ。

細くひかれた曲線がインドに咲く美しい花々を描き出す。
その神秘なまでの異国情緒は、一杯のお茶と共に多くのひとを魅了してきた。
ヘレンドに多額の投資をいとわなかったロスチャイルド家の人々は、
誰よりもこの器を愛していたに違いない。


ブランドの印象とは不思議なもので、古くから変わらず造られてきた製品には
何かそこに特別な重みを感じてしまう。

それは過ぎ去った時間の重みなのだろうか。



そういえばこのカップでまだお茶を飲んだことがなかった。

雨上がりの朝、インド高地から荷車に積まれ運ばれた季節の花。
滴が残る葉の隙間から漂う甘い香り。

湯気の向こうに、そんなが情景が浮かぶかもしれない。





R0015294wのコピー🌟

そこへ映るのはただの風景にすぎない。
だが自分の求めるもうひとつの世界がそこにある。


ハーフミラーのように景色が重ねられた窓。

普段なら歩くひとや車の流れが映し出される。
海辺の街なら水平線が映るだろう。


窓の向こう側から光がささやく。
何十分の一という瞬きで自分も応える。


手を差しのべても届かない距離と時間。


ふと気づくと、窓をじっと見つめる自分に
店の中から店主が笑顔で反応している。

向こう側にある、もうひとつの現実世界。

こういう時は苦笑し、その場を取り繕うしかない。





img345P(オリジナル2)🌟

パリ セーヌ川。

ここでは数々のドラマや映画が撮影された。
そして脇役として活躍した役者たちが今もひっそりと暮らしている。


鳩。フランス名はpigeon.

ときおり彼等は役者の仕事をこなし、普段は自由に過ごすのが日課だ。



芝居では監督の指示などいっさい受けず、移動したいときに自由に翔び立つ。
その気ままな演技が作品に効果をもたらし、多くの名監督に使われてきた。

私自身もここで数羽に演技してほしいと依頼したことがあったが、
その場でなかなか承諾してもらえず惨敗した記憶がある。


そんな彼等も観光客には弱いらしく、わずかなポップコーンでうれしそうに集まり、おどけた表情で踊ってみせる。まったくの気分屋だ。




陽が傾くと、舞台袖の樹木に身を寄せて静かに休んでいる鳩たち。
次回撮影では素直に出演してくれるだろうか。


シルエットの彼等から微かな笑い声が聴こえる。





P6030896🌟

望むでもなく夏がくる。

そういえば空から「もうすぐです」と
雲が云っていたのを思い出す。



通り過ぎるひとの波をくぐりながら、
原宿の街を彷徨い歩く。

自分は何処へ向かっているのだろう。
インパラの群れのなかを年老いたチーターが歩いている気分か。



喧騒を避けて大通りから路地の住宅街へ。

モダンなコンクリートの建物前に薔薇が咲いていた。
・・・今日という一日が、優しい香りにつつまれる。



しばらく歩き、カフェでひと息つく。


アイスティーに浮かぶ大きめの氷が、
ゆっくりと来る夏に溶けていく。






R0016095🌟


普段は食事についてこれといってこだわりはない。

嫌いな食材も特にない。
まあそれはそれで良いことだが
「何か食べたいものある?」と聞かれると、
「なんでもいいよ。」と相手に面白くない受け応えをしてしまう。
食事を楽しもうという時に、これはない。
いつも失言を繰り返してばかりいる。


ひとりの時間。
朝食をとった後しばらく何も口にせず夕刻をむかえる。
風の心地よい季節、シャツ一枚で身軽に外出する。

こんな時には食べたいものがひとつだけ浮かぶ。
ステーキだ。香ばしく焼けたミディアムレアのステーキだ。

まずはグラスワインで口を軽く潤し、よく切れるナイフで肉を少し大きめにカットする。
切り口はブラウンからワインレッド、そしてコーラルピンクへと変化している。
フォークに肉の重みを感じながら、ゆっくりと口に運ぶ。

その瞬間は何の言葉を発するでもなく、じんわりとただ時間をおくる。
本当に美味しいものに出会ったときは、言葉などいらない。
ただ噛みしめるだけだ・・・。

200gの食材が運ぶ幸せ行きのチケット。



休日の夕暮れ。
そんなことを考えながら、ふと財布を見直す。
カレーうどんでも十分幸せになれそうだ。





P2250064🌟

私は勤勉ではなかった。
それは今でもあまり変わってはいない。

図書館に通うひとたちや、図書館名のラベルが付いた本を読んでいるひとを見かけると、心の何処かにコンプレックスを感じていた。

今にして思うと街の本屋にばかり通う自分にとって図書館に並ぶ蔵書の一群は、
その秀でた雰囲気が自分から距離を感じさせる場所だった気がする。

小さい頃の自分は好きな本があると、買って手元に残したいという気持ちが強かった。そんな気持ちから「本を借りる」という行為に抵抗があったのかもしれない。



図書館で本棚の片隅に佇むひとりの少年。

ファインダーを通して不思議な回想が自分をつつみこむ。
もう一度あの頃にもどれたら、今は別の自分になれたのかもしれない。


カメラから目をはなすと、そこにはもう少年の姿はなかった。

彼は自分が憧れたもうひとりの自分だったのかもしれない。






P2213949🌟


長編小説で、結末がはっきりと明示されていない作品がある。

物語が全て起承転結で終わるとは限らないが、
それは人の一生も同じような気がする。


まだ次のページがあると信じて生きる。
だがおおむね道半ばにして一生は途絶える。

それが自然の摂理かもしれない。



今日そして明日の時間を普通に生きる。
普通のことが普通に終わる。

本当は普通のことなんか何もないと思いつつも
日々をおくる。


それぞれがたどる物語がそこにある。





img247b🌟

ひとつの風景が100年そのままで残されることは少ない。
建物や壁など部分として残ることはあっても、
それを取り囲む「風景」として捉えた際には変化が余儀なくされる。

自分が撮影した場所も、わずか10年足らずのあいだにいくつかその背景を
変えてしまった。時の流れは誰にも止めることは出来ない。
無力な傍観者には、その風景を記録として残すしか手だてはないのだろうか。


Rue Gustave Geffroy
その場所は織物で有名なゴブランの建物裏手にある 。
パリにある私の好きな「通り」のひとつだ。

通りは緩やかにカーブしていて、静かで人影も少ない。
曲がり角の向こうには白い女王と呼ばれたお姫さまの城跡がある。

晴れた日の午後、この通りの手前に三脚を立て撮影前に深呼吸をする。
木の葉を揺らす風。そのひとときが、自分には至福のときだ。
この場所に出会えて良かった、こうしてまた会えて良かった。
その気持ちは不思議なくらいピュアで内側から身体全てを包みこむ。


撮影当時は右手壁の向こう側が緑で覆われていて安らいだ雰囲気を演出してくれていたが、最近のストリートビューで見ると、その緑の敷地にモダンな新しい建物が建ってしまった。
こうした注目されにくい場所が姿形を変えてしまうのは、残念で仕方がない。


私たちには見ることができない100年後の風景を想う。
残されるもの、消え去るもの、形を変えるもの。
その時々の風景に寄りそって私たちの生活がある。


今を生きる自分たちに必要なのは、今を見つめることなのかもしれない。




※No.100ということで100年後の風景について考えてみました。
このブログも、私自身も、読んでいただいている皆さんもいない100年後。
それぞれが生きた証を何か残せたらいいなと思います。





img268a(オリジナル)🌟

「すみません、助けてほしいのですが」
私は通りすがりの若い男性に片言の英語で声をかけた。

相手の返事を待たないうちに、私は教会の入口にあるスクーターに駆け寄った。
スクーターはロックされていて持ち上げなくては動かすことが出来ない。
前輪側を抱えた私は男性に後輪側を持ってもらえるように目配せする。
事の顚末を理解しないまま男性は一緒にスクーターを持ち上げてくれた。
途中男性が「これはあなたのスクーター?」と声をかけてきたが、
私は「ノン」とだけ言いそのまま引きずっていく。
ふたりで力まかせにスクーターを20メートルほど先の場所まで引きずった。

やっとのことでスクーターを移動した後、彼に「ありがとう」とお礼を言った。
そして自分の三脚にのせた8×10のカメラを指差す。
ここまできて彼はようやく自分が何のためにスクーターを抱えさせられたのか
理解したようだった。
撮影したい画面にスクーターがあり、邪魔だったのだ。
私は頭をさげながら彼に微笑んだ。
男性もまた苦笑しながら、ひとこと「グッドラック」とその場から去っていった。


この写真を撮影する5分前、そんなことがあった。


そして撮影後、私はその場に立ち尽くしていた。

・・・スクーターをもとの位置にもどせるだろうか。




 【No.98】Robert Capia  2017/04/15 (Sat)
img008🌟

2012年10月にパリでひとりの人物が他界する。

名前はロベール・キャピア。1934年マルセイユ生まれ。
パリ右岸にあったアンティーク人形店の店主だ。


当初は役者を目指していたが断念し、1966年からパリ右岸のパサージュ、
ギャルリー・ヴェロ・ドダへ店をかまえた。

アンティーク人形に特化した彼の店は人気をえて、
俳優や政治家の友人たちで賑わっていたという。

そんな中で特に仲の良かったひとりの女性が頻繁にこの店を訪れている。
女優のカトリーヌ・ドヌーヴだ。
彼女はこの店のファンで、時間のあるときは店員の真似事をして
客を驚かせていた。


そんな逸話のあるこの店も2004年には終わりを告げることになる。
それから8年後、彼は還らぬひととなった。


ロベール・キャピアが人形とともに追いかけた夢。

今はなきこの店にはパリのエスプリが詰めこまれていた。


私たちの未だ見ぬ世界で、今頃彼は人形と戯れているかもしれない。




●R0012825🌟


パリにはかつて沢山のパサージュが存在していた。
建設され始めたのは1800年前後のことだ。

ほとんどは改修されて姿を消しているが、
今でもいくつかのパサージュは現役でその役割を果たしている。


パサージュ・ジュフロワとヴェルドーは
その中で今も当時の面影を残す琥珀のような存在だ。

ふたつのパサージュは小さな階段で左に折れ曲がり繋がっていて、
通りの突当りに掲げられた時計の上には竣工した年の1846という数字がある。
この数字が物語る長い年月に感動せずにはいられない。


ひとが求めているのは新しいものだけではない。
デジタル時代にこの場所を訪れると、そんなことを考えさせられる。


夕暮れのパサージュに集う観光客。

100年前も同じ光景が見られただろうか。




●R0015397w🌟


時は儚く、時は繰り返される。

それは意図せず私たちの前に現れる。


看板の外されたレストラン。

ひとつの店が時代と共に終わりを告げる。


この店の灯がともっていた頃に時間をもどせるなら、
アールデコのドアノブを引いてみたかった。


心の中でピアノの優しい調べが右岸の片隅をつつむ。





R00384633🌟


あの日の渋谷も雨が降っていました。


送別会の夜、ふたりで交差点を並んで歩きましたね。
どんな話をしたか思い出せませんが、ふたりとも大きな声で
笑っていたのを覚えています。

あれから街も随分と変わりました。


あの頃にはもどれませんが、
過ぎた時間はみな美しく感じます。


あなたの好きだったスティングが
いまラジオから聴こえています。




●img043🌟

パリの地下鉄はセーヌ川の地下を渡り右岸と左岸を繋いでいる。
ちょうどその中間にある駅がシテ島のCité駅だ。


数十年前に初めてこの駅に降りた時、まるで迷宮へ降りた感覚に陥った。

鉄の素材が地下空間へ伸びる冷やかな感触。
開業は1910年、世紀末のデザインが結実した頃だ。

地下の大空間は、見方によっては舞台装置のようにも見える。
大きな階段からドラマの主人公が登場しても不思議ではない。


開業から数十年後のパリ。
ナチス政権下では地下空間がレジスタンス運動の拠点となった。
現実のドラマがパリの地下で展開されることになろうとは
誰も想像していなかったことだろう。


パリの建物に使われている石は地下から掘り出されたものが多いという。

全ては地下から始まっている。

そして未だ見ぬ地下の迷宮がパリに眠っている。





img811🌟

東京の繁華街、駅に面した花屋の前。
人を待つ間に花をぼんやり見る時間が好きだ。
何か温かな心に包まれるような気分に浸れるからだろうか。


一枚の写真がある。
ハンガリーのクーセグという街の道端で無造作に売られていた花たち。
値札には20フォリントとある。

カーネーションが微笑みながら自分に話しかけてきた。
「何処から来たのですか。あまり見慣れない顔ですね。
もう何時間もこうして此処にいるので、少し疲れました。
どなたかそろそろ私たちを連れ出してほしいのですが。」

旅行者の自分は残念ながら願いをかなえてあげられなかった。

近くに売主がいたのかその時はわからなかったが、
その素朴な風情にしばらく見とれカメラを向けた記憶がある。


カーネーションをハンガリー語で「szegfű」という。


あの時はまだ彼等の名前すら知らなかった。





 【No.92】Trabant  2017/03/05 (Sun)
326🌟

小さな車が、その場所に静かに停車していた。
1993年、ハンガリーの田舎町で撮影したトラバントの姿だ。

当時のハンガリーでは普通にこの車を見かけることができた。
というか、少し古さを残していたがまだ現役だった。

この車の後ろに馬車が並んで停まり、馬が車を食べていた。
現地に住む知人からそんな笑い話を聞いた。

製造末期に品質が下がり、プラスチックに紙パルプを混ぜて使われていたことから「ボール紙製の車」と言われたからだ。


この車の素朴で実直な姿を見ていると、学生時代に東北の田舎町で一緒に遊んだ
友人を思い出す。不器用で何かに秀でているわけでもない。
ただ側にいて、その日あった話をするだけで妙に安心した。
あまり口に出さなくても心の中で繋がっている、そんな存在だった。


東欧の何処かで、まだ元気な姿で走り回っているだろうか。
トラバントにまた会いたい。



※1958年から1991年まで生産された旧東ドイツ製の車。
「衛星」を意味するその名前は1957年に打ち上げたソ連の人工衛星
「スプートニク」から命名されている。






Template by :FRAZ