back to TOP

admin |  RSS
 【No.239】Smile  2020/01/14 (Tue)
th_IMG_7897.jpg


毛糸で編んだマフラーを首に巻き
普段は見ない本屋のコーナーで時間をつぶす

新しい年の休日は
習慣にも僅かな変化をもたらしてくれる


午後3時 花屋前での待ち合わせ

イヤホンからナット・キング・コールの
「Smile」が流れる

今の自分は疲れた顔をしていないだろうか
花に向かって微笑んでみた





 【No.238】冬の華  2020/01/05 (Sun)
th_IMG_7389.jpg


年の若かった頃は
「花の写真」というものに抵抗があった。
大御所と呼ばれる写真家がクローズアップの
花の写真を発表するのを見る度に、
またかと思っていた。

自分が若いとは言えない年代になると
その理由がわかる気もしてきた。

花には刺激がない。
若い頃は花よりもっと刺激的なものに
目が行くのは当然のことだろう。
じっと花を凝視することなど
その頃には考えも及ばなかった。


花の写真で一番印象に残っているのは
R・メープルソープの作品だろうか。
花と光を描いた官能的ともいえる彼の作品は
長い時間、残像が頭から離れなかった。


冬のパリで出会ったシクラメン。

冬ならではの
そこに静かな「華」を感じた。




 【No.237】sign  2019/12/17 (Tue)
th_IMG_5899.jpg


兆候というサインに

自然の変異を感じとる動物たち

そこには私たちが失った

本能的な能力がある



セーヌに揺れる光

それは環境のバランスを見失うものたちへ

静かに告げられた

何者かのサインのようにも見える





th_IMG_4415.jpg


冬の空を見上げると

そこには裸になった木々たち


太陽に向かい葉を開き

育んだ様子が枝から伺える


ふと自分を振りかえると

自分にも生きた痕跡があるだろうか

長く生きた痕跡 何かを成し遂げた痕跡

答えは見つからない


時が経てばここへも春がくる

旅することができない木々たちには

新緑という愛が待っている




th_IMG_3181.jpg


街がひととき静けさにつつまれ

空の明るさに翳りが訪れるころ

その音色は何処からともなく響きわたる


アパルトマンの部屋からか

それとも近くの公園からだろうか

トランペットの音色が

旅人たちの今日に別れを告げる





th_IMG_7310.jpg



遠い国から来たきみに

何を伝えてあげれただろうか

過ぎゆくきみに風が寄り添う


ふたたび会える日はくるだろうか

遥か空の向うから

ポンヌフに新たな風が舞い降りる






th_BNP PA,


きみには見えるだろうか
ボーヴォワールの面影が

きみには聴こえるだろうか
左岸を彷徨う異邦人の唄が

きみには届くだろうか
熱いショコラショーの香りが


この場所を目指し

この場所へ還る


サンジェルマン・デ・プレ

悠久の時と夢の狭間で





th_IMG_7778.jpg


写真のような絵画

絵画のような写真

これまでの歴史を振り返ると

写真でしか表せないもの

絵画でしか描けないものが好まれてきた


どちらかに近づきすぎると

近づいている核心に取り込まれてしまうからか


目に映ったもの 頭に浮かんだものを留めておきたい

絵画も写真も同じような目的から始まった


それが時代を経てジャンルが確立すると

絵画とは 写真とはという境界を守るひとが現れる

番人たちはこうあるべきという作例を得意に見せつけた


大きな変遷のない絵画の技術に対して

今の写真を支える技術は著しく変化を続けている


デジタル加工された写真は限りなく絵画に近づき

見ただけでは判別できない作品で溢れている


写真と絵画

メッセージはどんな表現であろうと存在している

どちら側に立とうと

こころを動かす作品を大切にしたい




th_IMG_7813.jpg



あなたの声が聴きたくて

とぎれとぎれに雑音の中

ダイヤルに神経をこめた

遠くて淡い記憶のカケラ






 【No.230】箱の虫  2019/10/06 (Sun)
th_IMG_7718.jpg


仕切られた小さな箱で

一夜を明かす人たちがいる


誰に迷惑をかけるでもなく

ひとりその日に終わりを告げる


雨は止んだだろうか

箱の中からはわからない


小さな虫が箱の中へ迷い込む

両手で静かに外へ逃がす



迷い込んだ虫のように

誰かが自分を外へ連れ出してくれないだろうか

そんな有り得ないことを思う


無音の箱の中で

時計の針だけが翌日になる

各駅停車で遠くへ旅をしている夢をみた



その日 雨は明け方まで降り続いた





th_IMG_7686.jpg


いつか翼が折れたら

草むらで蘇る夢をみよう


誰も助けてはくれない

空にも 陸にも

味方などいないから


それでも風を受けながら

今日も飛び続ける


それが自分だから

それが生きることだから




 【No.228】落葉  2019/09/19 (Thu)
th_IMG_1639.jpg


遠くへ行ってみたいと誰かが言った

ほかの誰かが遠くは嫌だと言った

うつむきながら黙っているものもいた


ふいに強い風がふいて

皆んな方々へ飛ばされた


それぞれの願いは叶ったのか

誰も知るものはいない


思えばそれが秋の知らせだった





 【No.227】小径  2019/09/13 (Fri)
th_IMG_7677.jpg


あなたは忘れてしまったかも知れないけれど

まだそれぞれの生き方を探していた頃

この小径をふたりで歩いたことがありましたね


友人のお見舞いに行った帰り道

あなたは自分の将来について夢中で話していました

今にして思うとあの頃の自分はボンヤリしていて

あなたの話をうわの空で聞いていた気がします

それでも肩ごしに漂うあなたの甘い髪の香りは

ずっと忘れずにいました



時のうつろいと運命は気まぐれですね

数十年後の自分はそれなりに年をとり

あなたは逞しい母となりました



昔観た映画のように

もう一度あの頃のあなたに会いたい気がしました



もどれない夏がまたひとつ去っていきます





 【No.226】白い一日  2019/09/04 (Wed)
th_IMG_7328.jpg


日曜の朝

目が覚めてまもなく
もう一度まぶたを閉じる

今日これからの予定を思い浮かべてみる

何もすることがない白い一日

そんなはずはないと自答する

こころに浮かんだモビールは
しっかりと空間の中に存在している

そしてその形は
一日のあるべき姿を示していた



起き上がって部屋の窓を開ける

こころのモビールに秋の風が触れた



mobile / Alexander Calder




 【No.225】Bonsoir  2019/08/26 (Mon)
th_IMG_7667.jpg


どんな日にも「暮れる」ときが訪れる

たとえ雨が降っていようと

どれほどの風が吹いていようと


そして私たちにも「暮れる」ときが訪れる

多くの富に恵まれていようと

あるいはその日暮らしをしていようと



空のカンバスにグラデーションがかかる頃

左岸の夕暮れに語りかける

今日という一日に感謝をこめて




th_IMG_7437.jpg


きみの微かな寝息が

家族の幸せを育んでいる

安らかな寝顔の中に

きみの夢が映しだされる

きみは家族に生かされ

家族はきみに生かされている


自分でも不思議なことだが

子守唄を覚えたいと思った

まだ言葉を発しない きみのために





th_IMG_7611.jpg


美しいひと 麗しい花

それは名前など知らなくとも

そばにいるだけで心がなびく

ただ記憶に留めるには

名前を知りたくなる

何処かでまた会えるだろうか




Scabiosa スカビオサ
Ranunculus ラナンキュラス
Viburnum ビバーナム



th_IMG_7612.jpg


あなたがいたから

長い道のりを歩いてこれた

共に歩み先立ったひとへ

ときおり話しかける

あなたと会えてよかった

そう思えることが

幸せに繋がっている


遠くを見つめる自分に

彼方から風がふく





th_IMG_7403.jpg


ひとしきり降った雨も
午後には何処かへ消えていった

数冊の本をむき出しで抱えたまま
大学生らしき若い女性が前を通りすぎる

今ではトートやリュックに詰めこむのが
普通だったからか
その女性の姿が珍しく感じられた


しばらくして近くのカフェに入ると
偶然 先ほどの女性が外に面した席で
本を読んでいた

少し離れた席で私はコーヒーを注文した

5分ほど経ったころだろうか
私の目に意外な彼女の表情が映る


泣いていた
彼女は本を読みながら確かに
泣いている様子だった

何故かその光景が
脳裏に焼きついて離れなかった

本を読み涙する横顔

確かにそれは
特段に珍しい姿ではないかもしれない

ただ今の時代 パソコンや携帯電話を見つめて
涙している姿を見ることはほぼない

やはりそれは本を読むということからくる
感受性なのだろうか


そういえば自分も本を読んで泣いたことがあった
もう数十年前のことだ

感受性の高い若かりし日
一冊の本から受ける感動は計り知れない


本であれ音楽であれ
誰もが得られる感動との出会い

最も大切にしたいものが
色あせていく気がしてならない




th_IMG_7606.jpg


明治20年(1887年)

東京では市川團十郎が明治天皇の前で
「勧進帳」を演じていた

同じ年 モスクワではボリショイ劇場バレエ団が
「白鳥の湖」を演じている 初演だった

東の歌舞伎と西のバレエ
観客は弁慶やオデットなど主役たちの演技に魅了され
その日の余韻を楽しんでいたのだろうか


残念ながら「白鳥の湖」は
初演当時メンバーに恵まれず
さほど評価はされなかったという

ただバレエのイメージと言えば
この作品を思い浮かべるひとも多いことだろう

今ではチャイコフスキー作曲によるクラシックバレエで
「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」と共に
3大バレエともいわれる作品である


あらすじは割愛するが
この作品の魅力のひとつに
コール・ド・バレエといわれる
集団での一糸乱れぬ舞がある
水辺に浮かぶ白鳥たちの美しいシルエットが
幻想の世界へと私たちを誘ってくれる

そしてもう一つ
悲劇で終わるかハッピーエンドで終わるか
物語の終わりかたが演出家により異なるのも
この作品の魅力といえる

ただ何より大切なのは
主役を演じるエトワールの存在だというのは
言うまでもない


機会があれば皆さんも
白鳥の舞う湖へ入ってみてはいかがだろう
まずは片足から・・・



※ Le lac des cygnes -rappel de rideau-
L'Opéra de la Bastille paris 2019





Template by :FRAZ